【技術】インテル 革新的!データ保持無電力&ストレージ不要化メモリ発表Σ(゚Д゚)スゲェ!!

インテル 革新的無電力メモリ発表

【技術】インテル、ついに不揮発性のメインメモリを発表 データの保持に電力を必要とせず二次記憶装置としてのストレージが不要に

現代のコンピュータは基本的にメインメモリとしてDRAMを利用しています。
DRAMはアクセスが高速な一方、容量あたりの単価は高く、それゆえ大量にコンピュータに搭載することが難しく、またデータを保持し続けるのに電力を必要とします。

このDRAMの能力と性質を補完するため、一般に現代のコンピュータには二次記憶装置として大容量で安価かつ電力がなくてもデータを保持し続けられるハードディスクドライブなどのストレージを備えています。

こうした現代のコンピュータの構造を一変させようとインテルが5月16日に発表したのが、大容量かつ低価格、しかもデータの保持に電力を必要としない、同社とマイクロンが共同開発した3D XPointの技術を用いた新しいメインメモリ、「Intel persistent memory」です。

Intel persistent memoryはデータの保持に電力を必要としない、いわゆる不揮発性メモリの一種です。
電源を切ってもメインメモリからデータが失われないので、いちいちデータをメインメモリからストレージに保存する必要がなくなります。

メモリイメージ

また3D XPointのメモリは容量あたりの単価がDRAMよりも安いため、大容量の搭載が可能です。
つまり、いままでストレージに保存していたようなあらゆる大容量データをメインメモリに保持し、しかも電力を必要とせずにデータを保持できるため二次記憶装置としてのストレージが不要になる、
新しい形のコンピュータが実現可能になります。

そしてこの新しい形のコンピュータは、これまで多くのソフトウェアにおいて処理速度のボトルネックとなっていた、データをストレージに保存する処理が不要になるため高速な処理が可能になります。

しかも電源を切ってもデータを失わず、電源が入ればすぐに処理の続きを走らせることができるため、処理が必要なときだけ電源をオンにすればよい「ノーマリーオフ」と呼ばれる方式も可能になるなど、
従来のコンピュータとは大きく異なる特長を備えられるようになるのです。

このIntel persistent memoryの実稼働デモを、インテルは5月15日から18日のあいだフロリダ州オーランドで開催されたSAP主催のイベント「Sapphire Now 2017」で初めて披露しました。

ハードウェアとしてプレリリース版のXeonプロセッサを搭載したサーバに、192GBのDRAMと1.5TBのIntel persistent memoryのどちらもメインメモリとして装着。
そのうえで、SAPのインメモリデータベースであるHANAの開発版を実行しています。

SAP HANAはインメモリデータベースなので、すべてのデータをメインメモリに展開し処理します。
今回のデモでは、SAP HANAはメインメモリとして搭載している2種類のメモリ、つまりDRAMとIntel persistent memoryを処理によって使い分けていると説明されています。
使い分けとは、データベースのリード/ライトのような、できるだけ小さなレイテンシが要求される処理はDRAMを用いて処理し、(詳細な説明はなかったものの、
おそらくログのような)ある程度の大きさのデータの読み書きに最適化された処理にはIntel persistent memoryを用いているとのことです。


続きはソース先で
Publickey 2017年5月19日
http://www.publickey1.jp/blog/17/intel_persistent_memory2018xeoncascade_lake.html

スポンサードリンク



インテルの革新的メモリ発表にネットの声


6: 名無しさん
>>1
HDDが一番先に消える技術だと思い込んでいたら
今回の新技術でSSDが真っ先に淘汰され
コスパでHDDが寿命伸ばしそう

 


200: 名無しさん
>>6
サムスン青ざめてるだろうな

 


11: 名無しさん
これは、凄い事になりますよ

 


16: 名無しさん
     ~
ノJJJし    データ処理はメモリーで
( *’-‘*)    保存はストレージでってのは
,ノ゙゙゙゙゙ハヽ、   良い考えだと思うよ
`~し-Jー′   データの保存や移動を考えた場合
今のままの方が安全じゃないかな

 


25: 名無しさん
>>16
それはそうだと思う。
ただモバイルとしては時代が10年進化するレベルの技術じゃね?
その上でデータもサーバーで管理するのが普通の時代も来るかもね。

 


39: 名無しさん
     ~
ノJJJし    >>25
( *’-‘*)    モバイルの場合は
,ノ゙゙゙゙゙ハヽ、   確かに非常に有効だよね
`~し-Jー′

 


20: 名無しさん
元々SSD自体が仮想memoryの発展版だからな

 


22: 名無しさん
容量と速度次第かな

 


24: 名無しさん

さすが欧米人は革新的なことすんな

これのための研究はかなり利益が出ない、利益が見通せないものだったろうが
よく続けたものだ

 


33: 名無しさん
これヤバくない?革命的じゃん

 


34: 名無しさん
次はCPUとメモリの統合だな

 


35: 名無しさん
将来的にはメモリの速さと今のHDD容量を併せ持った記憶装置ができるってこと?

 


42: 名無しさん
省電低コスト大容量
あとは速度があれば無敵やん

 


64: 名無しさん
>>42
持ち運べればHDDも淘汰できるね

 


44: 名無しさん
メモリー技術がSSDの存在意義を消してしまうとは

 


46: 名無しさん
文系マイナー大出のオイラに
誰か3文字で要約please

 


56: 名無しさん
>>46
ディスクとメモリが一体化で高速化

 


51: 名無しさん

前にわかっていたことなんだってね?

変わるね
でかい、PCケースがなくなるのか

工場いらないとゆうことなんかな?
箱だけは残って、中の装置と、人間はいらないんだね?

 


58: 名無しさん
これ画像処理とかも速くなるの?
フォトショでレイヤー使いまくるとか

 


71: 名無しさん

>>58
復旧が速く楽になるらしい

東芝とかの会社ってゆうか、もう工場いらなくなるかも

USBメモリーやら、SDカードもなくなるなら、PCの電卓化かも!
なんか凄いね

 


59: 名無しさん
でもハードディスクよりはお高いんでしょ

 


62: 名無しさん
>>59
メインメモリ兼ストレージの機能を有してるぽいからね
それにフラッシュ技術みたいに
日本から産業スパイによってタダで手に入れたものじゃないから
インテルも研究開発費を商品価格に含めてくるから
初期は高いかも

 


68: 名無しさん
成る程、分からん

 


69: 名無しさん
今後は単にどっちが安いかって話になるわなあ

 


70: 名無しさん
一次メモリ(DRAM部)と二次メモリ(不揮発部)間は体感できない時間で自動コピー
二次メモリには従来のファイル、ツリー形式での格納もできる、そうなったら無敵やね

 


82: 名無しさん
フラッシュメモリと同じじゃん。

 


91: 名無しさん
>>82
メインメモリとして使えるゆうてるからSSDよりもはるかに高速な技術だと思われる
スポンサードリンク




86: 名無しさん
耐久性はどうなんよ?
DRAMは読み書きを繰り返しても事実上の半永久的な耐久性だけど。

 


118: 名無しさん
>>86
全ての基本スペックが上
トランジスタ使わないから

 


90: 名無しさん
起動は早くなるが
それ以外の使い道は?

 


113: 名無しさん

>>90
アプリの立ち上げ時間の高速化。
データ保存とか出ないの?

ゲームとかならNOW LOADINGS…………とか出て来ないとか。

 


107: 名無しさん
つまりどういうことだ

 


117: 名無しさん
>>107
スタート→シャットダウンの終了手順が不要になる
電源ポチーで終了
電源ポチーで再開

 


111: 名無しさん

会社のサーバー、データセンターとかの、消費電力量が少なく済み
電力削減に効果的なら、世界的なエコロジー

技術躍進は凄いけど IT界は、どんどん変わっていくんだねぇ

 


114: 名無しさん

いまいちわからん

的確な解説頼む

 


141: 名無しさん
>>114
今までは作業台がひとつしかなく別の作業をするときは作業台を片付けそれらを別の建屋にある倉庫に片付けて次の作業用の道具と材料を倉庫から運んできて作業台に広げて作業していた。
今度は専用の作業台が山ほどあるので作業者が移動するだけでよく、片付け運搬が必要ない。

 


129: 名無しさん
停電時にデータ保持されるのは便利だな
落雷で機器が損傷してたら全く無意味だが、現実の停電はただ電力が落ちる場合がほとんど

 


131: 名無しさん

省電と、低コストなのに、大容量てこと

あとは速度がそなわると完璧で

未来は、PC電卓かもしれんよ

 


137: 名無しさん

問題なく使われたら

東芝・サムスンは倒産する

 


138: 名無しさん

今のwindows10タブレットのスリープなんか、
「液晶画面の表示がOFFになってるだけなのかな?」
なんて思うぐらい復帰スピード早いからなぁ

でも電池は結構消費してるから時にはサスペンドさせるけど、
そうすると復帰に5秒程度かかってしまう。

これがスリープ並の速度になるというんだから、
これはかなり快適になると思うけどね。

 


149: 名無しさん
東芝もおんなじようなの開発してたよな

 


153: 名無しさん
問題は価格

 


155: 名無しさん
もともとフラッシュメモリはHDDが生まれた理由とは違う需要で生まれた技術だからね
日本企業でフラッシュメモリ開発した本人が言ってるだから揺るがしようのない事実
そしてフラッシュ技術の応用にすぎないSSDが技術的なマイナス点が多いのは当たり前

 


158: 名無しさん
ハードもメモリも統合できる?

 


165: 名無しさん

>>158
CPUとメインメモリとGPUは既に統合された商品があるわけで
統合するメリットはデータの高速な転送を行う構造のコストダウンのため
コストダウンにつながるなら統合されるだろうし

技術的に障害(発熱問題等)があるなら別々に搭載して高速な専用回路でつなぐでしょうね

 


162: 名無しさん
これがSSD以下の価格になったら
DRAMもSSDも不要になるということだろうか

 


176: 名無しさん
>>162
PCの部品が一つ減るな
価格によってはだが、殿様商売がお好きなintelが値段下げるかが疑わしいところ

 


163: 名無しさん
後はモニタか
電子ペーパーの進化が待たれる

 


177: 名無しさん

>大容量かつ低価格、しかもデータの保持に電力を必要としない

電波時計でソーラーで防水しかも耐衝撃のG-SHOCKのような完璧具合だな

 


181: 名無しさん
SSDとDRAMが同時に不要になる商品とかすごいな

 


186: 名無しさん

これってこれからは、

CPU:i5
RAM: 最大32GB(*128GB中2~32GBまでをRAMとして使用)
ストレージ: 最大126GB(*RAMと共用)

みたいな感じになるの?

 


196: 名無しさん

コンピュータアーキテクチャの抜本的な変化だし、OS全部作り直しレベルだろ。
性能フルに活かすのはそう簡単じゃなさげ。

現実にはとりあえず仮想ディスクというかどでかいキャッシュ置いて実は相手がいないって体でこれまでのOSで運用してくのかなあとも思うけど。

引用元:【技術】インテル、ついに不揮発性のメインメモリを発表 データの保持に電力を必要とせず二次記憶装置としてのストレージが不要に★3
http://asahi.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1495411542/

スポンサードリンク